Top > 日記 > 市場の勘所

市場の勘所

FX取引初心者の方が市場の勘所を探すためには、まず注文を繰り返すことが重要です。

 

とりわけ、前もって危機を察知できるようになるためには負けを積み上げることも経験のひとつ。

 

失敗するといっても、命取りとなるほど大きな過ちをしてはいけません。

 

取り戻せるほどのミスを何回も経験することが結果として自分自身の経験値を高めてくれるはずだ。

 

これを考えると、初めは少額資金でトレードを行ないここで数度小さな負けを経験することが大切です。

 

ひとつの例として、100万円だけしか投資できない場面で、全額投資してエントリーすると負けた時永久に取り返せない心配があります。

 

そうであるならば、ひとつの例として資金の10分の1ずつ分けてエントリーして、それで売ったり買ったりを体験した方が次第に損を埋め合わせる方策なども身についていくはずです。

 

まず最初にわずかな額でトレードする事の長所は先に言及したように、自分の実戦を増やし、負けを減らす技術を学んでいく事にありますが、一緒に、売り買いの回数を増やして、偶然性を削減する事ができるという良い点もあります。

 

仮に、1回の売り買いで儲けられる可能性が5割だとします。

 

すなわち、同じく5割の確率でマイナスになる可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の比率で利益が出る事を現しています。

 

ところが、全てをつぎ込んで1回のみの勝負をするということは勝つか、負けるかのどちらかになってしまいます。

 

それではただの賭け事と同じです。

 

言い換えれば、全てのお金を投じて1度だけしか売買しないとその分だけ損が生じるリスクが高まってしまいます。

 

だから、投資するお金を全部投入するのではなく、少額ずつ分けて、回数を多くすることがリスク分散となります。

 

ただしいくつかに分けたとしても、全部に利益を出す事は大事ではありません。

 

というか、全て勝つことは出来ないのが現実だ。

 

取引で重要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほど稼ぐかです。

 

勝率が同じでも、仮に勝率5割以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くても損が小さければ少ない勝ちの儲けだけで十分儲けられます。

 

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損益が出たらすぐさまロスカット注文して、逆に利益を上げられる状況では出来るだけ大きくプラスにする事が、FX取引をはじめたばかりの方が為替で勝利するための極意です。

 

日記

関連エントリー
うちの庭でも友達を呼んでバーベキューしたい!楽しいDIYライフ!親の言う通りの結婚はダメかんぽの終身保険資産運用の注意点危機を回避市場の勘所考えたくないこと