Top > 独り言 > 実際のレートを確認する

実際のレートを確認する

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを売買して収益を得る取引です。

 

買ったり売ったりの値段は1日中上がったり下がったりします。

 

それが為替レートです。

 

インターネットでニュースをみていると通貨の為替レートの話題が流れる状況があります。

 

よくあるのが「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表示しています。

 

すなわち、トレードには買いと売りの2個の価格があります。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示している取引業者もあったりします。

 

売値が買値よりも低い値段に決められています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

この差額をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎとなっています。

 

スプレッド幅はFX会社によって変わります。

 

スプレッド幅は自分にとってコストになるので小さい取引会社を選んだほうが有利です。

 

ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

 

もしも通常はドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差であっても、相場の上下動が激しい場合には3銭、4銭になったりする状況があります。

 

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同時に変化が小さいのが大事です。

 

変化しないスプレッドの幅を表示するFX業者も存在します。

 

現実にFX取引会社の取引画面内で実際のレートを確認しなければ見分けられないので面倒くさいですが大事な事です。

 

大切な財産を投じて売り買いをしますので、本物のエントリーの前に、関心がある会社の新規口座開設を遠慮せずにしてスプレッドを見ておきましょう。

 

同じ通貨のペアでもその時間帯の相場の条件によって、通貨のスプレッドの狭さは変化します。

 

普通は、インターバンクマーケットで取引高が多い通貨ペアではスプレッドの幅が小さくそれ以外の外貨ではスプレッドの広さが広くなる事があります。

 

独り言

関連エントリー
うちの庭でも友達を呼んでバーベキューしたい!楽しいDIYライフ!実際のレートを確認する